FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「創業計画」とは

「創業計画」とは

「創業計画」は文字のとおり、その事業の創業における今後の企画・方針・計画・目標等を

数値を中心にまとめたものであり、

あなたの頭の中にある夢・アイデアを「文字」「数字」を使い、目に見えるものにしたものです。


「創業計画書」を作ることで事業を客観的に見つめることができ、

実現するために何をしなければいけないかが明確になります。

創業計画書(事業計画書)は、

1 「動機について」

2 「事業内容」

3 「販売計画」

4 「仕入計画」

5 「資金計画」

6 「売上予測」

7 「収支計画」

8 「返済計画」


などから構成されています。

次回以降、創業計画書の中身について書いていきたいと思います。


開業をお考えの方、「創業計画(ビジネスプラン)」作成をお考えの方、
ぜひ一度当事務所にご相談下さい。サポートいたします。
詳しくはホームページから


何事もまずは情報収集から。
「なんとなく独立開業・起業に興味がある」
「創業計画(ビジネスプラン)に興味がある」だけの方でもご相談ください。
きっと役に立つ情報をご提供できるかと思います。

スポンサーサイト

「創業計画(ビジネスプラン)」の見てもらう相手

前回の記事で、「創業計画(ビジネスプラン)」を様々な方に見て頂く事により、
理解や協力を得ることが可能になり、成功の可能性をさらに高めることが出来ます。
と書きましたが、誰に見て貰い、協力を得るのか?ですが、

すぐ思いつくのが、金融機関に見て貰い、融資を得ることだと思いますが、
他にも見てもらう相手はあります。


「創業計画(ビジネスプラン)」は見てもらう相手によって、効果が異なってきます。

たとえば、計画書を作成する経営者や起業家であれば、
事業を開始してからの日々のシナリオとなります。
計画書として文書化しておくことで、事業の進捗状況を確認し、
必要に応じて的確な軌道修正をすることも容易になります。


相手が従業員の場合は、会社の方向性を理解してもらい、
従業員の果たすべき役割を確認し、業務計画に反映させていくことが可能になります。


金融機関や提携先など外部関係者に対しては、
計画書を提示することにより、会社の方向性に理解を求めることができます。
これにより、新たな資金援助や業務提携、取引の構築が実現する場合もあります。




開業をお考えの方、「創業計画(ビジネスプラン)」作成をお考えの方、
ぜひ一度当事務所にご相談下さい。サポートいたします。
詳しくはホームページから

何事もまずは情報収集から。
「なんとなく独立開業・起業に興味がある」
「創業計画(ビジネスプラン)に興味がある」だけの方でもご相談ください。
きっと役に立つ情報をご提供できるかと思います。


創業計画(ビジネスプラン)の必要性

新しく事業を開業する際に、なぜ創業計画(ビジネスプラン)が必要なのでしょうか?


開業には大きな成果(リターン)が期待される一方で、失敗の可能性(リスク)もあります。


開業には、スキルやノウハウなどが必要の場合も多くあり、また、資金を投資して成果を得るものなので、
ある意味、ギャンブルに似ていると思います。


そこで、開業後の事業を成功に少しでも近づける為、「創業計画(ビジネスプラン)」が必要になるのです。

この計画の中で、リスクを分析し、できる限りの課題を解決し、
開業を迎えた方の失敗の可能性(リスク)の減少に繋がります。



また、この「創業計画(ビジネスプラン)」を様々な方に見て頂く事により、
理解や協力を得ることが可能になり、成功の可能性をさらに高めることが出来ます。



開業をお考えの方ぜひ一度当事務所にご相談下さい。
開業のサポートいたします。
詳しくはホームページから


何事もまずは情報収集から。
「なんとなく独立開業・起業に興味がある」だけの方でもご相談ください。
きっと役に立つ情報をご提供できるかと思います。




無料「相談会」

明日4月19日(木)に

北九州市門司区の西門司校区公民館で無料「相談会」をいたします。

相談内容は相続・遺言・離婚・創業(個人・法人)です。

時間は10時~12時 無料です。

予約制ですが、まだ空きがあります。

興味がある方、

ぜひ一度いらしてみて下さい。


お問い合わせは、西門司校区公民館 093-381-8397


何事もまずは情報収集から。
「なんとなく独立開業・起業に興味がある」だけの方でもご相談ください。
きっと役に立つ情報をご提供できるかと思います。
ホームページも御覧下さい。

許認可や届出

あなたが、開業しようとする事業内容によっては、

種々の公益上の理由から、

監督官庁に対する許認可や届出が必要となってくる場合もございます。


たとえば、
飲食店の場合は保健所の許可が必要になります。


あなたが、開業しようとする事業について、許認可や届出が必要かどうか調べる必要があります。

無免許、無許可で営業し、発覚した場合には営業停止や、罰せられるケースがありますので、
十分ご注意下さい。


許認可や届出について調べたい方、情報が欲しい方、
ぜひ一度当事務所にご相談下さい。
許認可、届出のサポートいたします。
詳しくはホームページから


何事もまずは情報収集から。
「なんとなく独立開業・起業に興味がある」だけの方でもご相談ください。
きっと役に立つ情報をご提供できるかと思います。





インキュベーター施設

北九州市も桜の見ごろの時期になってきましたね。
今週末が桜の花見には絶好らしいですよ。


さて今回は、以前「開業の節約情報」の中で書いたインキュベーター施設について書きたいと思います。


インキュベーター施設とは、



起業や創業をするために活動する者を支援する施設の事です。



インキュベータは英語で「ふ卵器」の意味だそうで、

大学や県や市などの自治体、企業、が保有するスペースやオフィスを、

起業家や創業者に賃貸するなどして、新事業創出を支えたりしています。

また、割安な家賃など、入居者にとっては経費が節減できるメリットがあります。


北九州市では、

テクノセンター・テレワークセンター・九州ヒューマンメディア創造センターなどに、
インキュベーション施設があります。

気になる方は、一度調べてみてはいかがでしょうか?


開業をお考えの方ぜひ一度当事務所にご相談下さい。
開業のサポートいたします。
詳しくはホームページから


何事もまずは情報収集から。
「なんとなく独立開業・起業に興味がある」だけの方でもご相談ください。
きっと役に立つ情報をご提供できるかと思います。

開業費用③

以前、開業費用の平均が1,162万円という記事を書きましたが、

その中の自己資金はどのくらいの割合なのか?
どのくらい自己資金を準備すればよいのか?

という疑問が出てくると思います。



開業費用の自己資金の目安ですが、

新たに事業を始めようとする場合、

「日本政策金融公庫 総合研究所」が行なった「2009年度新規開業実態調査」のデータによりますと、



創業資金の総額に占める自己資金の割合は、29%となっておりました。



自己資金以外には、金融機関からの借り入れが52%、

親族からの借入金が8%、

その他が11%となっていました。
その他とは、知人からの出資、あるいは無期限無利息の借入金などだそうです。


新しい事業が軌道に乗り、資金繰りが安定するまでには、時間がかかる場合も多いと思います。

借入金の返済や予定外の出費で資金繰りが苦しくなるなど、様々な問題が起こります。

万が一になどに備え、数か月分の運転資金(経費)分を加味した事業計画を立てることが大事だと思います。



開業をお考えの方ぜひ一度当事務所にご相談下さい。
開業のサポートいたします。
詳しくはホームページから


何事もまずは情報収集から。
「なんとなく独立開業・起業に興味がある」だけの方でもご相談ください。
きっと役に立つ情報をご提供できるかと思います。
プロフィール

行政書士八幡圭治法務事務所

Author:行政書士八幡圭治法務事務所
当ブログへようこそ!
小倉・門司等、北九州を中心に起業・開業・創業の手続きなど、代行、お手伝いをするサポーター
行政書士八幡圭治法務事務所です。
何事もまずは情報収集から。
「なんとなく独立開業・起業に興味がある」だけの方でもご相談ください。
きっと役に立つ情報をご提供できるかと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。