FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開業費用③

以前、開業費用の平均が1,162万円という記事を書きましたが、

その中の自己資金はどのくらいの割合なのか?
どのくらい自己資金を準備すればよいのか?

という疑問が出てくると思います。



開業費用の自己資金の目安ですが、

新たに事業を始めようとする場合、

「日本政策金融公庫 総合研究所」が行なった「2009年度新規開業実態調査」のデータによりますと、



創業資金の総額に占める自己資金の割合は、29%となっておりました。



自己資金以外には、金融機関からの借り入れが52%、

親族からの借入金が8%、

その他が11%となっていました。
その他とは、知人からの出資、あるいは無期限無利息の借入金などだそうです。


新しい事業が軌道に乗り、資金繰りが安定するまでには、時間がかかる場合も多いと思います。

借入金の返済や予定外の出費で資金繰りが苦しくなるなど、様々な問題が起こります。

万が一になどに備え、数か月分の運転資金(経費)分を加味した事業計画を立てることが大事だと思います。



開業をお考えの方ぜひ一度当事務所にご相談下さい。
開業のサポートいたします。
詳しくはホームページから


何事もまずは情報収集から。
「なんとなく独立開業・起業に興味がある」だけの方でもご相談ください。
きっと役に立つ情報をご提供できるかと思います。
スポンサーサイト

開業費用の節約情報②

こんにちは

福岡市では、さくらが開花したそうですね。

お花見の時期がもうすぐですね。



さて、前回に引き続き、開業費用の節約についてですが、

「日本政策金融公庫 総合研究所」が行なった、「500万円未満の少額開業の実態」(平成21年1月13日発表)

の中の、「開業費用を節約するために行ったこと」によりますと、


2番目に多い取り組みは


「自宅の一部を工場、店舗、事務所などにした」でした。


そのほかの方法として、

「工場、店舗、事務所などの内装工事を自分でした」
「知人の工場、店舗、事務所などの一部を間借りした」
「インキュベーター施設やSOHO支援施設に入居した」
「外注やアウトソーシングを利用することにした」

というのも、ありました。


リスクを少なくするために、計画を立てることは、大変重要だと思います。
参考にしてみるのは、いかがでしょうか?

インキュベーター施設や外注やアウトソーシングについての記事は、また別の機会にも、書きたいと思います。



開業をお考えの方ぜひ一度当事務所にご相談下さい。
開業のサポートいたします。
詳しくはホームページから



何事もまずは情報収集から。
「なんとなく独立開業・起業に興味がある」だけの方でもご相談ください。
きっと役に立つ情報をご提供できるかと思います。

開業費用の節約情報

昨日のブログで予告したとおり、

開業費用の節約について、書いていきたいと思います。



「日本政策金融公庫 総合研究所」が行なった、「500万円未満の少額開業の実態」(平成21年1月13日発表)

の中に、「開業費用を節約するために行ったこと」というのがあります。



最も多い取り組みは「中古の設備や備品を購入した」でした。


他にも、

「設備や備品を自分で作った」というのも、ありました。


自己資金に見合った、リスクの少ない計画を立てることは、大変重要だと思います。
参考にしてみるのは、いかがでしょうか?

他の節約情報についてはまた次回以降に。



開業をお考えの方ぜひ一度当事務所にご相談下さい。
開業のサポートいたします。
詳しくはホームページから



何事もまずは情報収集から。
「なんとなく独立開業・起業に興味がある」だけの方でもご相談ください。
きっと役に立つ情報をご提供できるかと思います。

開業費用②

以前、このブログで、開業費用について書いたことがあると思いますが、


その時の情報元と同じ、「日本政策金融公庫 総合研究所」が行なった「2011年度新規開業実態調査」の中に、
開業費用の平均ではなく分布というのも載ってあります。


それによると、約40%の方の開業費用が「500万円未満」となっていました。



開業費用の平均が1,000万円を越える中、その40%の方々は、様々な節約をされていると事と思います。

次回以降、その節約について、書いていきたいと思います。



開業をお考えの方ぜひ一度当事務所にご相談下さい。
開業のサポートいたします。
詳しくはホームページから

開業費用

開業を考えた時に、

開業費用はいくらくらいかかるものなのだろう?

という疑問が出てくると思います。


業種によっても違うと思いますが、

「日本政策金融公庫 総合研究所」が行なった「2011年度新規開業実態調査」では


開業費用は長期的に減少傾向にある。
今回調査では平均1,162万円となり、1991年の調査開始以来最も少なくなった。


と、載っていました。

1000万円以上!!と聞いて「無理だ」とは思わないで下さい。


大事なことは、今現在で資金の大部分を準備できていることではなく、
これから計画的に資金を準備していくことだと思います。

また、開業費用を少なくする為にいい知恵を出せるといいですね。


開業をお考えの方ぜひ一度当事務所にご相談下さい。
開業のサポートいたします。
詳しくはホームページから
プロフィール

行政書士八幡圭治法務事務所

Author:行政書士八幡圭治法務事務所
当ブログへようこそ!
小倉・門司等、北九州を中心に起業・開業・創業の手続きなど、代行、お手伝いをするサポーター
行政書士八幡圭治法務事務所です。
何事もまずは情報収集から。
「なんとなく独立開業・起業に興味がある」だけの方でもご相談ください。
きっと役に立つ情報をご提供できるかと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。